医療機関のファクタリング

医療機関の収入は、保険外収入と保険収入に分類することができます。


保険収入は一般的な病気の治療で、健康保険の適用となるもの、保険外収入は、先進治療や美容整形などの保険適用外の治療や健康診断などを言います。

保険収入は安定収入ですが、窓口では本人負担の1割から3割程度を入金して、保険請求分は、診察から入金までの時差が生じます。

今までになかった即日のファクタリングならこちらのサイトがオススメです。

保険請求は月末締めで行い、入金は翌翌月の20日前後なので、最大80日の時差があり、この間の資金繰りは医療機関にとって負担になります。
医療機関は、診療所の家賃やスタッフの給料などの人件費、薬や消耗品の仕入れ、検査の外注費などの支払いを、入金を待たずに行わなければいけないため、自己資金が不足する場合は借入が必要な場合もあります。



そこで、診療報酬債権の譲渡=ファクタリングが有効です。
ファクタリングとは、売上債権の譲渡によって、入金期日前の債権を現金化する方法ですが、借入金との違いは自己資本比率に表れます。

医院の中でも、医療法人は、都道府県への届出にあたって財務の健全性を示す指標として、自己資本比率の届け出が義務付けられています。

借入をすると自己資本比率が低下しますが、ファクタリングでは、自己資本比率が維持できるので、財務内容を強化するのにも適しています。

診療報酬債権という、相手先が診療報酬基金や自治体など、確実な信用力を持つ売上債権を経営に効果的に活用する金融手法がファクタリングです。