ファクタリングを医療業界で使用する場合の注意

ファクタリングは本来、ビジネスの世界で商品を販売した際に生じる売掛金を予定日より早く回収するために使われる方法です。
ビジネスの世界では物品を販売する際には現金取引を除いて売掛という方法が用いられ、物品を販売した日付と代金を振り込んだ日付が異なることが多いのです。


但し帳簿上は販売した日付で売り上げが計算されるため、帳簿上はお金が有るのに手元に現金がないという事態が発生します。

安心安全のおすすめのファクタリングについて親身になってアドバイスいたします。

この場合、実際に現金が手元にないことから他社への入金などが有る場合にはそのお金が支払えなくなってしまうことが有ります。

これを避けるために売掛の債権を他社に譲渡し現金を入手する方法がファクタリングです。
医療の世界でも診療報酬の保険負担分は後払いとなるため、その間は治療費は帳簿上は入金されているのに病院側に現金が入らないという事態が発生します。これを診療報酬債権と言いますが、経営状態が厳しい病院の場合にはこの診療報酬債権を出来るだけ早く現金に換えるためにファクタリングを利用することが有ります。



但し、ファクタリングを利用する場合には、本来の金額に対して目減りすることが殆どで、これが続くと利益を大きく圧迫することになります。

医療の世界でも同様に本来貰える金額が貰えないことになるため、徐々に利益を圧迫してしまう傾向が有ります。



更に医療のファクタリングの場合にはこれを止める際にも一時的に収入が無くなるタイミングが生じるため、これをよく理解し資金繰りを十分に予測して利用することが重要です。