医療サービスにもファクタリングを

ファクタリングは債権を買い取って資金繰りに利用するために用いられますが、医療サービスでも実施されています。

ファクタリングの比較を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

病院や診療所から診療報酬債権を買い取り、手数料を差し引いた金額を実際の支払日よりも前に受け取ることができるため、資金繰りに役立ちます。

介護や調剤報酬債権にもファクタリングが利用できますので、早期現金化が可能になります。

医療や福祉のための債権は支払い企業の合意が不要で3者間で取引をすることができますので、スピード対応することができますし、支払い企業が国保や社保になっていることから、信用も高く安心して利用することができます。



信用度が高いため、新設診療所やクリニックでも利用することができますから、キャッシュフローが改善できます。



医療機関しか利用することができない上、手数料が割高に設定されていることがデメリットといえますが、医療機関だからこそ利用できる確実な資金調達の方法であるともいえるのです。
2か月分の診療報酬は保険機関に預けてある状態といえますので、ファクタリングを積極的に利用して手元に現金を多く持つようにしておくことも経営ノウハウのコツといえます。


最短で数日や数時間で資金調達できる場合もあり、最大5か月分の債権を買い取りしてくれるところがあるなど、信用力の高さから調達できる資金も多くなります。
リース会社や金融会社などがファクタリングを実施していますので、手数料も弾力的に対応してくれます。